タイトルイメージ 本文へジャンプ

  
Home

 

 本研究会は食物アレルギーに関わる医師、栄養士、看護師、食品産業関係者、行政関係者、患者などの幅広い参加者が一同に集まり食物アレルギーに関する研究発表・討議をいたします。
 2000年に第1回が開催されてから本研究会はその活動を通じて様々な食物アレルギーの社会整備に寄与して参りました。たとえばシンポジウムで討議された厚生労働科学研究班の「食物アレルギーの診療の手引き2005」は全国的に頒布され食物アレルギーの診療の充実に貢献してきております。
 昨今、食物負荷試験や食物アレルギー患者への栄養指導の保険診療点数が認められ、食物アレルギーの診療における栄養士の役割が注目されてきております。また、アレルギー物質を含む食品表示に関して食品産業関係者の耳目を集め、もちろん患者およびその保護者の食物アレルギーに関する知識のレベルアップなどを図る教育講演や資料の作成も行っており、本研究会は参加者の勉強の場としてもご活用いただいております。

《特典》
会員の方には研究会誌(年2回発行)と研究会開催やその他食物アレルギーに関する情報を提供致します。
個人会員 5,000円/年
賛助会員 1口 50,000円/年
  • 当研究会の趣旨にご賛同頂いた方々にご加入頂き、当研究会の諸事業運営に関しご支援いただいております。
  • 賛助会員は1口あたり3名までご登録いただくことができます。
  
入会ご希望の方は事務局まで下記の入会申込書をFAXでお送り下さい。
届き次第、事務局より必要書類をお送り致します。

入会申込書はこちらをクリックしてください。

食物アレルギーの診療の手引き2008
食物アレルギー研究会事務局
  〒252-0392 神奈川県相模原市南区桜台18-1
  国立病院機構相模原病院 臨床研究センター アレルギー性疾患研究部
   TEL:042-742-8311(代表)   FAX:042-742-7990
※個々の症例のご相談には応じることが出来ませんのでご留意下さい。




Copyright(c)2007 Japanese Society of Food Allergy All Rights Reserved.