タイトルイメージ 本文へジャンプ

 
Home

※このプログラムは2017年2月開催の第17回食物アレルギー研究会のプログラムです。
第18回研究会のプログラムは決まり次第掲載致します。

 
プログラム 9:30-17:10
 
9:30-9:35
○開会の辞
 
9:35-10:55
○午前中の特別プログラム
 「アレルギー疾患対策基本法によって何が変わるか?変えられるか?」
座長:下条直樹  千葉大学大学院 医学研究院 小児病態学
    今井孝成  昭和大学医学部 小児科
 
 1.「アレルギー疾患対策基本指針」について
山田浩之 厚生労働省 健康局 がん・疾病対策課
 2.安全で楽しい給食時間、学校生活を目指して
岸平直子 千葉市教育委員会保健体育課
 3.市民団体の立場から
赤城智美 NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク
 4.小児アレルギーエデュケーターの立場から
本間恵美 米沢市立病院 小児科
 5.医師の立場から
海老澤元宏 国立病院機構相模原病院 臨床研究センター
 
(休憩)
 
11:05-12:17
○一般演題 I
 
(昼食・休憩)
 
13:45-14:39
○一般演題 II
 
14:40-15:10
○会長講演 「コホート研究から考える食物アレルギーの予防」
座長:赤澤 晃   東京都立小児総合医療センター アレルギー科
演者:下条直樹  千葉大学大学院医学研究院 小児病態学
 
(休憩)
 
15:25-17:05
○午後の特別プログラム 「食物アレルギー診療の今後の展望」
座長:伊藤浩明    あいち小児保健医療総合センター アレルギー科
    吉原重美    獨協医科大学医学部 小児科
 
 1.診断の進歩
岡藤郁夫 神戸市立医療センター中央市民病院 小児科
 2.食物経口負荷試験の最新情報
柳田紀之 国立病院機構相模原病院 小児科
 3.食物アレルギーの管理の進歩 〜安全で快適な生活を目指して〜
二村昌樹 国立病院機構名古屋医療センター 小児科
 4.食物アレルギーの誘発症状の重症度判定と対応
伊藤靖典 富山大学医学部 小児科
 5.予防の進歩
福家辰樹 国立成育医療研究センター 生体防御系内科部 アレルギー科
 
17:05-17:10
○閉会の辞
 
今回、研究会終了後の懇親会は予定しておりません。ご了承の程お願い申し上げます。
 
開催プログラム(PDF版)

 
 

協賛企業  (50音順 2017.2.1現在 9社)
アステラス製薬株式会社  
株式会社 エスアールエル
MSD株式会社
杏林製薬株式会社
グラクソ・スミスクライン株式会社
サーモフィッシャーダイアグノスティックス株式会社
塩野義製薬株式会社
大鵬薬品工業株式会社
ファイザー株式会社





Copyright(c)2007 Japanese Society of Food Allergy All Rights Reserved.